お中元の情報を確認【お互いが苦痛にならないような品物】

正しいマナーを知ろう

お中元

相手のことを考える

取引先との関係を円滑に保つため、日頃から節度を保って礼儀正しくあろうとするのは当然のことですが、日頃の感謝を込めてお中元を贈ることも忘れてはいけません。とはいえ、考えもなしにお中元を贈ったところで、実は失礼にあたる行為だったなんてこともあるので、正しいマナーを知って失敗しないようにしましょう。お中元の時期は夏頃と知ってはいるものの、実は正確な日付を知らないという人も少なくありません。特に地域によって期限がことなるため、遠方との取引がある場合は要注意です。関東地方は7月初旬から7月15日までを期限としているのに対し、関西地方は7月下旬から8月15日までとなっています。これは関東と関西でお盆が異なるのが理由なのですが、関東に贈る予定がある場合は早めに用意しておきましょう。取引先へとお中元を贈るなら何がいいか、どの程度の金額にするか悩ましい問題ですが、まず相手に贈って良いのかどうかを調べることが大切です。政治家や公務員、学校の先生などは公職選挙法や公務員規定に抵触する可能性があるため贈答品を受け取ることができません。会社によっても贈答品が禁止されているところがあるので、考えずに贈ると相手に迷惑をかけることになりかねません。また、継続的な付き合いのある相手に贈るのがお中元なので、毎年送り続ける予定のない場合や単発的な取引をする相手なら無理に贈らないほうが良かったりします。どうしても贈りたい場合はのしを「お中元」から「御礼」などに変えて贈ると良いでしょう。

Copyright© 2018 お中元の情報を確認【お互いが苦痛にならないような品物】 All Rights Reserved.