お中元の情報を確認【お互いが苦痛にならないような品物】

贈る前に必要なこと

家族

正しい贈りかた

お中元を贈る場合には守らなければいけないマナーも多くあります。相手に気持ちよく贈り物を受け取ってもらうためにはこれらのマナーは欠かせないものになります。お中元を贈る方法としては大きく分けて二つの方法があります。一つは送る相手の住居を直接訪問して手渡しをする方法で、もう一つが宅配便を利用する方法です。相手の住んでいる場所に行って直接渡す方法が礼儀にかなっていますが、最近では宅配便を使用するほうが一般的です。宅配便を利用する場合でも、より気持ちよく相手にお中元を贈るためのマナーとして、品物以外に簡単な手紙を添えるという方法があります。こうした手紙のことを送り状と呼んでいますが、この送り状を出す方法にもしっかりとしたマナーがあります。送り状を出すときにしてはいけないことは、送るお中元と同じ時期やそれより後の時期に手紙を送ることです。送り状はお中元として宅配される品物が相手に届く前に送るのが正式なマナーです。相手にお中元が届く前にあらかじめ送り状を送っておくことで、相手に自分がお中元を贈るということを知ってもらうことができます。また送り状にはお中元を贈るという旨だけでなく、日ごろのお付き合いに関する感謝の言葉などを書くのが一般的です。こうした送り状を出すことで、感謝の気持ちとしてお中元を贈ることを相手にしっかりと伝えることができます。直接自宅に行く場合でも、事前に相手に連絡をして面会の約束をしてから訪問をするのが正しいマナーです。

Copyright© 2018 お中元の情報を確認【お互いが苦痛にならないような品物】 All Rights Reserved.