お中元の情報を確認【お互いが苦痛にならないような品物】

慣習としての贈り物

贈り物

贈る際のマナー

生活をする上においては様々な慣習があります。相手に物を贈ることも1つにあり、中でもお中元とお歳暮は広く利用されています。どちらも、日頃お世話になった人に感謝の気持ちとして品物を贈り、お中元は年の前半に対するものとして行われます。お中元は初めて経験する人も多く、贈る際にはマナーを理解しておくことが大切です。特に目上の人には失礼のないようにする必要があり、まず、時期への注意があります。お中元を贈る時期は地域によって若干異なりますが、関東では7月上旬から7月15日頃、関西では7月上旬から8月15日頃までに贈られています。本来は持参して渡すのが礼儀となるものの、最近では購入先から送ってもらうケースも多く、この場合には事前に送り状を送付することが丁寧な方法になります。必ず品物が届く前に送り状が届くようにする必要があり、内容にはお礼と共に品物を送ったことを明記します。お中元では選択に迷いますが、品物は自分が贈りたいものを選んで問題はありません。一般的には季節感を表す品や特産物、乾物などがよく利用されていますが、無難なものとしては洗剤や調味料が選ばれています。一方、生ものなど賞味・消費期限の短い物には注意が必要です。相手方が在宅など確実に受け取れるケースは問題ありませんが、昼間留守がちの場合ではあまり適切ではないでしょう。どうしても贈りたい場合には相手が受け取れる時間をよく確認をした上で判断をすることが大切になります。お中元は、うっかり忘れてしまう場合もあります。この場合には残暑見舞いや残暑伺いといった形で贈るようにし、一文を添えるようにします。

Copyright© 2018 お中元の情報を確認【お互いが苦痛にならないような品物】 All Rights Reserved.