お中元の情報を確認【お互いが苦痛にならないような品物】

お中元

正しいマナーを知ろう

取引先との関係を円滑に保つため、お中元を贈ることは決して悪いことではありません。しかし、考えもなしに贈ってしまうと却って失礼にあたることもあるため、正しいマナーを知って失敗しないよう気をつける必要があります。

詳しく見る

女性

商品購入の基礎知識

通販サイトのランキング情報も参考にして、果物やスイーツなどの人気商品の中から選ぶのが、お中元を贈る場合の基本です。日常生活に役立つ商品も魅力的ですが、宿泊やディナークルーズなどの、体験型のギフトを選ぶのが新しい流れです。

詳しく見る

家族

贈る前に必要なこと

宅配便を利用してお中元を贈るときのマナーとしては、品物が届く前に相手に送り状を送る方法があります。送り状をあらかじめ届けておくことで、相手にお中元を贈ることや日頃の感謝の気持ちを伝えることができます。

詳しく見る

贈り物と費用を確認

お中元

相場をチェック

お中元は地域によって違いはあるものの7月上旬から中旬の間に贈られることが一般的です。上半期お世話になった方に対してお礼として贈る品物であり、マナーが求められるものでもあります。特にどの程度の金額の品物を贈ればいいのか迷う方は少なくありません。お中元の費用は贈る相手によって変わるので、高ければいいというものではありません。高額なものは相手に気を遣わせてしまうので目安としては3000円〜5000円になっています。中には1万円ものお中元を贈るケースもありますが、個人宛に贈る品物の金額としては一般的ではないでしょう。その他、お中元の金額に関してはいくつかのマナーがあります。目上の人に対して高すぎる金額ものを贈るのは失礼にあたり、逆に去年よりも低い金額のものを贈るのも失礼にあたります。また、お中元は基本的に毎年贈る慣習なので、相手との関係性に関わらず年によって金額が上下するのはあまり好ましくないでしょう。お礼の目的で贈るものなのでお互いが苦痛にならないような品物と金額を考えなくてはなりません。贈る相手別に見る相場は実家・義実家・親族には4000円〜5000円、取引先や職場には4000円〜1万円、近所や友人などプライベートな付き合いの相手には3000円以内とされています。ちなみにお歳暮も贈る場合は、お中元の2〜3割り高めの金額のものを贈るのがマナーとされています。もちろんお中元だけでも構いません。

ビジネスギフトを活用

知り合いが開業や開店したり、昇進したりと仕事に関することでお祝いを贈りたいと思った場合、ビジネスギフトを選ぶと良いでしょう。ビジネスギフトで人気を集めているものがインターネット上で完結するギフトであり、贈り主が予算に合ったプランを選んで贈りたい相手に送信するだけになります。受信した相手があとはその中から好みの商品を選んで住所などを入力することにより、商品が後日届くというものになるので例え贈りたい相手が遠方にいたとしても活用することができます。

Copyright© 2018 お中元の情報を確認【お互いが苦痛にならないような品物】 All Rights Reserved.